コース案内

中学部本科

  • 「成果表」を使い、生徒一人ひとりの目標と成果を目に見える形にしています。
    普段の授業では中学校の教科書に沿ったカリキュラムで進んでいます。テスト毎に目標点を決め、生徒一人ひとりが自分の目標点を越えることを目指しています。「目標」と「成果」を「成果表」で管理し、生徒一人ひとりが自分の成績をはっきりと意識しています。
  • 2週間で30時間以上の定期テスト対策を行います。
    テストに向けての勉強の仕方、計画の立て方、集中力等、高校に入学してからも役立つ定期テストでの勉強の仕方を身につけていきます。どの教科も成績が上がるための実力をつけるとともに、定期テストでの得点を上げることを目的としています。特に定期テスト2週間前からはテスト範囲にあわせて30時間以上の対策授業を行い、定期テストでの得点アップを図ります。
  • 欠席した授業のフォロー講座があります。
    本科コースでは週に1回、「欠席者フォロー講座」を行っています。授業を休んだ時には休んだ分の補習授業を受けることができます。
  • 勉強の仕方を身につけることを目標としています。
    問題を解いて終わりではありません。間違えた問題を「やり直しノート」を使って二度間違えないようにする所まで指導します。「こうすれば成績が伸びる」勉強の仕方を指導します。
  • 実力練成授業でさらに実力をつけます。
    英語と数学は通常授業だけではなく問題演習の時間を別に取ることで演習量を増やしています。通常授業と合わせて週に2回授業を受けることで飛躍的に定着量が変わってきます。
    実力練成の授業では、本科授業で学習した単元の復習と問題演習を行い、家庭学習での復習不足解消と入試問題を使った発展学習を行います。
    ※テスト2週間前から実力練成の時間はテスト対策授業に変わります。

定期テストまでの流れ

学校の約2週間程度先取りで教科書単元に沿った授業を進めています。

各中学校別に時間割を組み、2週間で30時間以上の対策授業を実施します。この期間はテスト範囲のみの学習になります。

学校のテストの時間割にあわせ、時間割を変更し、テスト直前対策授業を行います。

特別講習について

  • 春、夏、冬の長期休暇には前学期の復習や次学期の予習を目的とした講習会を実施します。
  • 塾生も講習会は申し込み制になります。
  • 講習会では既に学習した内容全てを単元別に復習して、単元テストで理解の確認をします。
  • 先取り学習にも効果のある授業が展開されます。

保護者懇談について

  • 定期的なものとしては年間3回実施します。(7月、12月、3月に実施。)
  • 定期的な懇談以外にもご家庭への電話連絡などで塾での様子をご報告しています。

入塾テストについて

  • 当塾では入塾テストは実施しておりませんが、入塾カウンセリング時に定期テストの得点(直近の2回分)をご持参頂き、入塾テストの代わりとさせて頂いております。必ずご持参頂きますようお願いいたします。

コース案内

  • コース案内TOP
  • 小学部プログレス
  • 小学部本科
  • 中学部本科
  • 個別指導
  • 入塾までの流れ
  • よくあるご質問
  • 採用情報・講師募集